「中国語の部屋」をわかりやすく解説!AIは言葉を「理解」している?

「中国語の部屋」のタイトル

「中国語の部屋」は、1980年にアメリカの哲学者ジョン・サールが提唱した、言語の理解に関する思考実験です。

この記事では、「中国語の部屋」についてわかりやすく解説します。

また、現代に生きる私たちが「中国語の部屋」の思考実験から学べることを紹介します。

  • 「中国語の部屋」がどのような思考実験か
  • 「中国語の部屋」は何を伝えたいのか
  • 「中国語の部屋」から私たちが学べること

<PR>

「中国語の部屋」とは?

中国語が書かれた紙

ある部屋に、英語は読めるけれど中国語を全く読めない人がいます。

部屋のドアには小窓がついており、部屋の外から中国語で書かれたメモが送られてきます。

「部屋の中の人」は中国語が読めないので、メモの意味を理解することはできません。

しかし、部屋には英語で書かれたマニュアルがあり、中国語のメッセージに対して、どのように回答を生成するかの手順が細かく書かれています。

「部屋の中の人」は、このマニュアルに従って、中国語のメッセージに対応する適切な中国語の回答を作成し、部屋の外に送ります。

「中国語の部屋」のイメージ

「中国語の部屋」のイメージ

ちなみに、「部屋の外の人」は「中の人」がマニュアルに従って回答していることを知りません。

さて、ここで問題です。

「部屋の外の人」から見ると、「中の人」の中国語の回答は完璧です。

この時、「中の人」は中国語を理解していると言えるでしょうか?

<PR>

「中国語の部屋」のポイント

閃いている女性の画像

「中国語の部屋」の思考実験を理解するためのポイントを解説します。

シンボル操作と理解

この実験では、中国語を知らない人が、ルールに従ってシンボル(=文字)を操作しています。

「外の人」から見たら「中の人」のシンボル操作は完璧ですが、「中の人」はそのシンボルの意味を理解できていません。

AIによるコミュニケーション

この実験は、AIが言語を「理解」できるかという議論につながります。

「中の人」をAI、「外の人」を私たち人間だと仮定してみると、ChatGPTのような生成AIと私たち人間のコミュニケーションの本質が見えてきます。

「中国語の部屋」が伝えたいこと

人工知能のイメージ画像

「中国語の部屋」が伝えたいことは何でしょうか。

それは、単にシンボルの操作が理解を意味するわけではないということです。

私たちはAIに言語で語りかけ、AIは私たちに必要な答えを提供してくれます。

この時、私たちにとってはAIが言語を理解しているように見えます。

しかし、AIは決められたプログラムに沿って回答しているにすぎず、実際に言語の意味を理解しているわけではないのです。

<PR>

「中国語の部屋」から私たちが学べること

チャットGPTのイメージ

現代に生きる私たちは、「中国語の部屋」からどんなことを学べるでしょうか。

それは、言語の真の理解は人間にしかできないということです。

文学作品や哲学書を「理解」し、「味わう」ことは(今のところは)人間にしかできないのです。

このように、人間にしかできないものを探していくことが、現代社会を生き抜くうえで大切なのだと思います。

「中国語の部屋」のおすすめ書籍

<PR>

 

(PR)時間が無い人はAudible!

じっくり本と向き合う時間が取れない方には、Amazonの「聞く読書」Audibleがおすすめです。

 スキマ時間や移動時間に読書!
 本をダウンロードしてオフライン再生も可能!
 対象商品が読み放題!

30日間の無料体験はこちら

※体験期間中の解約も可能です

まとめ

この記事では、「中国語の部屋」の思考実験についてわかりやすく解説しました。

世の中が劇的に変化していく現代では、私たちはすべてのことがAIで実現できてしまいそうな錯覚に陥ります。

しかし、AIはその仕組み上、私たち人間と同様にできる事とできない事があります。

人間にしかできないことに目を向けて、AIと上手く共存していきましょう。